アレルギー科

アレルギー性鼻炎

 

スギ花粉・ダニ抗原舌下免疫療法

舌下免疫療法は、いわゆる花粉症による対症療法(抗ヒスタミン薬や点鼻薬など)とは異なり、根治性があり、他の抗原感作を予防、喘息への移行を止めるなど可能性を秘めています。2014年・秋からスギ花粉症に対して、スギ舌下液(シダトレン)が使用できるようになりました。

また、2015年からはダニに対しての舌下錠も使用できるようになり、通年性のアレルギー性鼻炎の方に治療が可能になりました。

当院ではスギ花粉症の方には「シダトレン」、ダニによる通年性アレルギー性鼻炎の方には「アシテアダニ舌下錠」を処方することができます。

治療に際しては以下のような注意がございます。

・アレルギー性鼻炎の抗原が本当にスギ、ダニであるかを確かめるための血液検査が必要です。

・現在のところ12歳以上が適応になること。

・管理不良な気管支喘息がある方は適応になりません。

・抜歯後や口腔内の傷がある方は適応になりません。

・治療は最低2年間、可能であれば5年間と長期にわたる治療となるため、定期的に通院可能であること。

スギ花粉症であれば、当院では治療は7月~12月まで受付を致します。花粉の飛散時期に舌下免疫療法を開始すると副作用も強くでる可能性があるため、この時期を逃した方は来シーズンからの治療開始をお勧めしています。

舌下療法を初めて最初の花粉シーズンには効果がはっきり分からないかもしれません(花粉の飛散量がその年によってまちまちなため)。また、治療した全員に効果があるわけではなく、3人のうち2人に効果を認めるという統計データとなっています。

これらのことを十分に考慮して、治療開始を検討してみて下さい。


気管支喘息

 

食物アレルギー

 

食物アレルギーの関与するアトピー性皮膚炎

 

口腔アレルギー

 

運動誘発食物アレルギー

 

金属アレルギー